ドルコスト平均法で、投資金額を平均して有利に!

ドルコスト平均法 ドルコスト平均法は、一定の金額で継続的に購入すると、価格が高いときには購入できる量は少なく、安いときには多くなるので、平均コストが安定。自動的にバーゲンハンティング(安い時期を狙って買う)しやすくなるという方法です。

 ドルコスト平均法の欠点には、複数回買うことで取引手数料がかさむということもありますが、外貨MMFは取引手数料が無料なので、この点はクリアします。通貨の上昇時には、失敗しやすい側面もありますが、その時期には、買うタイミングをずらすなどして対処すれば対応可能です。

 為替の値動きは、最終的に上昇する通貨であれば、上下を繰り返しながら上昇していきます。ドルコスト平均法は、平均的なレートより安いときを見計らって、購入することで平均レートを下げることが可能となるわけです。

スポンサード リンク

ドルコスト平均法に有利な証券会社は?

 高金利通貨の利回りが高いことが第一ですが、積み立てる際の手数料を考えると、と為替手数料にも注目しなくてはいけません。

トルコリラ 南アフリカランド NZドル 通貨単位
カブドットコム証券 10.66%
スプレッド2円
6.49%
スプレッド25銭
1.28%
スプレッド60銭
1万円~
楽天証券 10.675%
スプレッド2円
6.491%
スプレッド30銭
1.277%
スプレッド70銭
10通貨~
SBI証券 10.658%
スプレッド2円50銭
6.491%
スプレッド50銭
1.277%
スプレッド1円
10通貨~

スポンサード リンク

Page top icon