外貨MMFの為替手数料が大事な理由!

通貨 外貨MMFを取引する際のコストになるのが為替手数料(スプレッド)です。外貨MMFは、取引手数料は無料のケースが多いのですが、外貨を買う際、逆に外貨を売る際に、為替手数料が発生します。

 為替手数料は、証券会社によって違います。そして利益に対して大きな影響を与えるので重要です。

 豪ドル80円を1万通貨、金利4%で運用したとします。為替レートの変動はなく、1年運用して、決済した場合。

 為替手数料80銭では、
 (金利)80X1万X4%=32000円 (手数料) 買い 1万X80銭=8000円 売りも同様で、16000円
 (利益) 32000-16000=16000円

 為替手数料60銭では、
 (金利)80X1万X4%=32000円 (手数料) 買い 1万X60銭=6000円 売りも同様で、12000円
 (利益) 32000-12000=20000円  

 手数料が20銭違うだけで4000円の差が出ます。仮に金利換算しますと、4000÷80万=0.5%。証券会社ごとの金利の差が多くて、0.1~0.2%ということを考えると大きな差であることがわかります。

 外貨MMFでは、つい利回りに目がいきますが、第一に大事なのは為替手数料、コストの安い証券会社を選ぶことが大事です。

通貨別に外貨MMFの為替手数料(スプレッドを比較)

豪ドル NZドル 南アフリカ
ランド
ドル トルコリラ
カブドットコム証券 60銭 60銭 25銭 20銭 2円
マネックス証券 70銭 70銭 30銭 25銭 2円50銭
楽天証券 70銭 70銭 30銭 25銭 2円
SBI証券 1円 1円 50銭 25銭 2円
野村證券 80銭 1円 50銭 50銭 -
SMBC日興証券 1円 1円 - 50銭 -
大和証券 1円 1円 - 50銭 -
松井証券 - - - 20銭 -

おすすめの証券会社

カブドットコム証券

為替手数料が安い。トルコリラも可!

カブドットコム証券は、為替手数料の安さが光る会社です。
 外貨MMFは、利回りだけに目が行きがちですが、トータルを考えると、手数料の安さはばかにできません。売買に手数料がかかることを考えると、利回りの面でもかなり有利。高金利のトルコリラ、南アフリカランドに投資が可能です。

オーストラリア ニュージーランド 南アフリカ アメリカ トルコ
1.04%
60銭
1.25%
60銭
6.35%
25銭
0.95%
20銭
10.69%
2円

楽天証券

10通貨から投資可能!

 少額投資するならおすすめの口座が楽天証券。
 高利回りの通貨、トルコリラ、南アフリカランド、豪ドル、NZドルに投資ができ、利率の高さも光ります。また、外貨mmfを小額の10通貨からの投資が可能。
 外貨MMF以外でも、1000円から積み立て投資ができる投資信託、純金積立など総合力の高い口座です。

オーストラリア ニュージーランド 南アフリカ アメリカ トルコ
1.042%
70銭
1.246%
70銭
6.345%
30銭
0.949%
25銭
10.691%
2円

SBI証券

楽天とほぼ同スペック。選択肢の広さが自慢

 SBI証券も外貨MMFで人気の会社です。外貨MMFの利回りも主要な口座のなかでは高めで、10通貨からと低額で投資が可能です。
 若干、為替手数料が高いことで順位を下げましたが、申し分ないスペック。また、同じ通貨でも、複数の商品を取り揃えているので、楽天とほぼ同スペックでも、より利率が高い外貨MMFを選択可能です。
 外貨MMF以外でも、外債を中心とする債券に強く、特に独自で発酵されるSBI債は、すぐに売り切れる人気商品です。

オーストラリア ニュージーランド 南アフリカ アメリカ トルコ
1.042%
1円
1.246%
1円
6.345%
50銭
0.949%
25銭
10.691%
2円
Page top icon