外貨MMFの3つメリット

  • 10通貨から投資が可能
  • 楽天証券、SBI証券では、10通貨、1000円以下から外貨投資が可能です。

  • 手数料、為替手数料(スプレッド)が安い
  • 外貨MMFは取引手数料が無料、為替手数料(スプレッド)も、ほとんどの外貨預金が1円以上のスプレッドなのに対して、ドル円では25銭~(カブドットコム証券)など、コスト面で非常に有利です。

  • 複利効果があり効率的な運用が可能
  • 外貨mmfの分配金は毎日計算されて、月末に再投資されます。毎月元本に利息が充当され、翌月には利息がプラスされた元本に利息が付くため、効率的に運用できるというわけです。
    他の外貨投資商品では、FXにはそのような機能がありません。外貨預金については、1ヶ月ものの定期預金を使い、満期日に預け入れを続ければ可能ですが、同じ通貨であれば、ほとんどの場合、外貨mmfの方が利息が高くなります。

 外貨MMFは、上記3つのメリットにより、はじめての外貨投資に向いた投資商品になります。
 当然、円高に振れたときには為替差益は発生します。ただ、外貨預金と違い、自分のタイミングでいつでも売買が可能で、FXのようにレバレッジを利かせないので、損失がそれほど大きくなりません。

 小額から投資しやすく、コストが安く、複利運用ができる。
 それが外貨MMFのメリットです。

→知っておかないといけないデメリットとリスクはこちら

税金の優遇は税制改正で修了

 外貨MMFは、2015年中は、確定申告の必要がなく、為替差益が非課税となっていますが、2016年1月より、為替差益分についても課税されるようになりました。

 外貨MMFの利益については、株式と同様に取り扱われるようになったので注意が必要です。

スポンサード リンク

Page top icon