外貨MMFのデメリットとリスク

 外貨MMFは投資の一種なので、デメリットおよびリスクがあります。それは、「為替リスク」「利回りがFXよりも低くなること」です。

為替リスク

為替リスク 為替リスクについては想像がつくかと思います。外貨預金と同様、円を売って、外貨を買うという取引をするので、円高になると、為替差損が生まれ、考えていた以上の損失が出る可能性もあります。

 ただ、外貨MMFは外貨預金と違い、証券会社の営業時間内であれば、いつでも売買が可能です。下げる前に売ることもできますし、逆に円高の時期に買っておくこともできます。

 また、ほかの外貨投資にFXがありますが、外貨MMFはFXよりも低リスクとなります。FXはレバレッジをかけることで、少ない金額で大きな金額での投資が可能です。リターンも大きくなりますが、リスクも大きくなります。通常の上げ下げであれば、問題ないのですが、リーマンショック、チャイナリスクというような大きな下落の場合、証拠金の管理を怠ると、投資金額の全額を失う可能性もあります。

 外貨MMFはレバレッジをかけるタイプのものではないので、為替差損は負いますが、ゼロになることはありません。

 ただ、外貨投資をする場合に、円高になるので、想定と違う方向に動くことがあります。為替リスクについては自己責任ということになります。

利回りがFXよりも低くなる

 利回りがFXよりも低くなる点ですが、FXはレバレッジを利かせることで、手持ちの資金よりも多くのポジションをとって運用することができます。外貨MMFは、10万円では10万円分の通貨しか買えませんが、FXはレバレッジが25倍なので、最大250万円分の通貨を買うことができます。
 当然、その分利回りはアップ。ハイリターンな投資であることは確かです。

 ただ、当然ですが、25倍で運用すれば、25倍損する可能性も高くなります。
 外貨MMFは、FXよりリターンが低い分、FXより損をする可能性が低い投資方法になります。

→リターンが高いFXについて知りたい方はこちら

スポンサード リンク

Page top icon